コンテンツにスキップする

ポルトガルの債務は「持続可能」、救済策の規模は十分-財務相

ポルトガルのドスサントス財務 相は、同国の債務は「持続可能」であり、780億ユーロの救済パッ ケージは政府が現在の借入残高を減らすのに十分な規模であるとの認 識を示した。

ドスサントス財務相は23日、ニューヨークで記者団に対し、 「ポルトガルの公的債務は持続可能だ」と発言。「国内総生産(GD P)に対する比率は2013年以降に低下し始める」と述べた。

ポルトガル向けの3カ年支援計画では、同国の財政赤字の目標を 対GDP比で今年は5.9%、来年は4.5%、13年は3%に設定し ている。ポルトガルの昨年の公的債務は対GDP比で93%と、07 年の68%から拡大した。欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委 員会では同国の債務について、今年は同比率で101.7%、来年は

107.4%に増加すると予想している。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関する記者への問い合わせ先: Joao Lima in Lisbon at +351-21-340-4570 or jlima1@bloomberg.net; Fabiola Moura in New York at +1-212-617-5772 or fdemoura@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Tim Quinson at +44-20-7673-2116 or tquinson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE