コンテンツにスキップする

パキスタン・カラチの海軍基地をテロリストが襲撃-施設内で銃撃戦

パキスタンのカラチの海軍基地を テロリストが襲撃し、数回の爆発音が聞かれた後、銃撃戦が起きた。

パキスタン海軍のスポークスマン、イルファン・ウル・ハク氏は イスラマバードから電話で、「10人ないし15人のテロリストが海軍 基地に侵入したことがまず分かった」とした上で、「陸海軍の特殊部隊 が応戦し、基地内部の資産も保護している」と述べた。海軍側は2人 が死亡、2人が負傷したという。

パキスタンの反政府勢力タリバンは、米軍が2日に国際テロ組織 アルカイダの指導者、ウサマ・ビンラディン容疑者を殺害した後、パキ スタン政府と軍施設への攻撃を宣言していた。今回の攻撃は、2009 年10月にゲリラがラワルピンディにあるパキスタン陸軍総司令部を 襲撃して以来最大。

メヘラン海軍基地では22日遅く、数回の爆発があり、その後発 砲が続いた。テロリストは軍施設に侵入、治安部隊が応戦し、銃撃戦 となった。

海軍のスポークスマン、サルマン・アリ氏は電話で、海軍の戦闘 機1機が攻撃で破壊されと述べた。ハク氏によると、施設の占拠はな く、人質も取られなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE