コンテンツにスキップする

ECBシュタルク理事:ギリシャの資産売却が債務負担減少につながる

欧州中央銀行(ECB)のシュタル ク理事はギリシャ紙カティメリニに対し、国家資産の売却を含めてギリ シャの経済改革計画の完全な実行が持続的な債務負担につながるとの見 解を明らかにした。

同理事はまた、ギリシャが債務を再編すべきではなく、債務再編と なれば多額のコストを要し、問題を解決するのではなくより多くの問題 を作り出すだろうと指摘。債務再編やリプロファイリング(期限延長) は債務の持続性が確保できない時にだけ許されるとの認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE