コンテンツにスキップする

東電:福島第一3号機の建屋南側で1000ミリシーベルトのがれき

東京電力は21日、福島第一原子力発 電所3号機の原子炉建屋南側で、これまでで最も高い放射線量となる毎 時1000ミリシーベルトのがれきが見つかったと、原子力立地本部長代理 の松本純一氏が会見で述べた。がれきは水素爆発の際に放射性物質が飛 散した結果の可能性があるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE