コンテンツにスキップする

東芝傘下ウェスチング:チェコ原発計画入札、福島原発の影響ない

東芝傘下の米原子力大手ウェス チングハウス(WH)は、チェコのテメリン原子力発電所に原子炉2 基を建設する計画への入札について、福島第一原発事故の影響で遅れ はでないとの見通しを示した。

欧州部門のアンダース・ジャクソン最高経営責任者(CEO)は 20日にプラハでインタビューに応じ、「工程への影響はないだろう」 と述べ、「原子力を必要とする需要がある限り、福島原発事故の影響 はチェコではない」と続けた。

チェコのテメリン原発に原子炉2基を増設する計画には、フラン スのアレバとロシアのアトムストロイエクスが入札している。同原発 を運営する国営電力会社CEZは、2013年に施行業者を選択し、 2025年までに運転開始することを明らかにしている。

原題:Westinghouse Sees No Delay in Temelin

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE