コンテンツにスキップする

東電:原子力への信頼損なってしまった、けじめをつける-清水社長

東京電力の清水正孝社長は20日の決 算記者会見で、この時期に辞任することになった理由について、「多く の方にご迷惑をかけ、原子力への信頼を損なってしまった。けじめをつ ける」と述べた。

清水社長の後任に内定した西沢俊夫常務は「抜本的な経営の効率 化、合理化に取り組む」と語った。清水社長は社長退任後も「新執行部 を支えていきたい」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE