コンテンツにスキップする

スペイン:サパテロ首相率いる社会労働党、地方選で敗北へ-世論調査

世論調査によると、スペインのサ パテロ首相率いる与党社会労働党は地方選挙で敗北を喫する見通しだ。 街頭では、首相の政策に抗議するデモや座り込みが行われている。

スペイン経済の6割を占める13の地域と8000余りの自治体で22 日に選挙が実施される。世論調査によれば、社会労働党は伝統的牙城を 含む大半の地域で敗北する見込みで、バルセロナ市でも30年ぶりに負 けるもようだ。

サパテロ首相が伝統的な支援者に背を向け、ソブリン債危機への対 応で賃金削減や歳出カットを推進する中で、社会労働党への支持は低下 している。選挙を控え、歳出削減や銀行救済、既得権を保護する旧態依 然とした民主主義体質に対する抗議行動が展開されている。

英ニューキャッスル大学のアレハンドロ・キロガ教授(政治学)は 「保守派の勝利はまさに社会労働党への反対票になろう」と語り、同党 が「政権を失うとの見方が強まるだろう」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE