コンテンツにスキップする

米ギャップ:通期の1株利益見通しを下方修正-コスト増加で

米衣料品小売りギャップは、2012 年1月通期の1株利益見通しを22%下方修正した。衣料品製造コスト の予想を上回るペースでの上昇が理由。株価は時間外取引で大きく下げ た。

ギャップの株価は時間外取引で一時、3.44ドル(15%)安の

19.85ドルまで下落した。通常取引終値は前日比21セント高の23.29 ドルだった。

同社が19日に電子メールで発表した資料によると、通期の1株利 益見通しは最大1.50ドルに引き下げられた。従来は最大1.93ドルと 予想していた。

同社は11年8月-12年1月(下期)の製造コストは20%上昇し、 値上げのペースを上回る見通しを示した。アパレル業界は、綿価格の上 昇や中国などアジアでの人件費増大を背景に、20年ぶりにコスト上昇 に直面している。小売業者は経費上昇に対応して値上げする計画を表明 している。

同時に発表した2-4月(第1四半期)決算は、純利益が前年同期 比23%減の2億3300万ドル(約190億円、1株当たり40セント)と なった。前年同期は3億200万ドル(1株当たり45セント)。ブルー ムバーグがまとめたアナリスト28人の予想平均は1株当たり39セン トだった。

2-4月の売上高は全体で前年同期比1%減の33億ドル。一方、 オンライン販売の売り上げは18%増の3億4800万ドルに達した。 「ギャップ」ブランドの既存店売上高は前年同期比3%減少した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE