コンテンツにスキップする

5月フィラデルフィア連銀景況指数が大幅低下:急減速を裏付け

5月の米フィラデルフィア連 銀管轄地区の製造業景況指数は、前月から大きく低下した。

5月の製造業景況指数は3.9と、前月の18.5を大幅に下回り、 拡大と縮小の境目であるゼロを辛うじて上回る水準に低下した。ブル ームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査の予想中央値は20 だった。

新規受注は5.4と前月の18.8から低下。出荷も6.5(前月

29.1)に急低下した。仕入れ価格指数は48.3(前月57.1)に低下、 販売価格指数も16.8と、前月の27.5から落ち込んだ。

唯一、プラスの伸びを示したのは雇用指数で、5月は22.1と 前月の12.3から上昇した。

6カ月後の見通しでは、景況指数が16.6と2009年1月以来 の低水準。前月は33.6だった。

ックしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE