コンテンツにスキップする

デンマークの銀行6行、長期格付け1段階引き下げ-ムーディーズ

米格付け会社ムーディーズ・イン ベスターズ・サービスは、デンマークの銀行6行の長期格付けを1段 階引き下げた。同国では2月にアマゲルバンケンが破綻し、欧州連合 (EU)加盟国で初めて優先債保有者が損失を負担した。

ムーディーズが19日発表した資料によれば、6行のうち5行の財 務力格付けも1段階引き下げられた。「銀行固有の体力が弱まったと判 断」したという。長期格付けと財務格付けが共に引き下げられたのは ユスケ銀行やシドバンクなど。ダンスケ銀行の長期格付けは1段階引 き下げられたものの、財務力格付けは据え置かれた。

アマゲルバンケンが2月6日に破綻したことで、無担保優先債は 41%の損失が強いられた。ムーディーズはその10日後、ダンスケ銀な どデンマークの銀行5行を格下げした。

アマゲルバンケン破綻は、デンマークが昨年10月に運用を始めた 優先債保有者に損失負担を共有させる破綻規定のテストケースとなる とともに、優先債保有者が負う損失をめぐる議論が広がるEUで一つ の先例となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE