コンテンツにスキップする

中国株(終了):上海総合指数、下落-利上げ懸念とエネルギー高で

中国株式相場は下落。上海総合 指数は3営業日ぶり反落となった。中国人民銀行(中央銀行)が利 上げを実施するとの観測や、エネルギーコスト上昇で企業の収益が 損なわれるとの懸念から、不動産と電力株が値下がりした。

中国2位の不動産開発会社、保利房地産集団(600048 CH)や 同業の金地集団(600383 CH)など不動産株が下落。人民銀貨幣政 策委員会の李稲葵委員が預金金利を引き上げる必要があると述べた と、21世紀経済報道が伝えたことが手掛かり。中国最大の電力会社 の上場部門、華能国際電力(600011 CH)は2.7%安。石炭価格上昇 で利益が損なわれるとの懸念が響いた。

ワインメーカーの山西杏花村汾酒廠(600809 CH)は5カ月ぶ り高値。同社の利益見通しを申銀万国証券が引き上げたことが好感 された。時価総額で中国最大の酒類メーカー、貴州茅台酒(600519 CH)も高い。

大衆保険のファンドマネジャー、呉侃氏は「インフレ期待は依 然として存在しており、利上げなど一段の引き締め措置への懸念が 広範な市場の重しとなるだろう」と予想。「こうしたシナリオでは 消費株がヘッジとして適切だ」と付け加えた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は、前日比13.20ポイント(0.5%)安の

2859.57で終了。上海、深圳両証取のA株に連動しているCSI300 指数は同0.6%安の3120.64。

--Zhang Shidong. Editors: Allen Wan , Richard Frost 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-3040 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE