コンテンツにスキップする

福島原発:津波が来る前に放射能漏れの可能性-地震で既に打撃か

東京電力福島第一原子力発電所では 津波が来る前に放射能が漏れていた--。東電が今週公表した「事故記 録データ」がその可能性を示した。東電はこれまで、3月11日に起きた 東日本大震災に伴う津波で冷却電源が失われ炉心溶融で発生した水素が 建屋爆発を起こし外部に大量の放射線物質が飛散したと説明していた が、これが根底から覆る可能性が出ている。

このデータによると、3月11日午後3時29分に1号機から約1.5 キロ離れたモニタリング・ポストで高いレベルの放射線量を知らせる警 報が鳴った。大津波が福島第一原発を襲ったのはその数分後で、原子炉 の非常用冷却設備を動かすための電源が失われた。

東電原子力設備管理部の小林照明課長は19日、ブルームバーグ・ニ ュースの取材に対し、「モニタリング・ポストが正常に作動していたか どうか、まだ調査している。津波が来る前に放射性物質が出ていた可能 性も否定できない」と認めた。

近畿大学原子力研究所の伊藤哲夫所長(原子力安全工学)は19日、 「地震の段階で何らかの損傷があったということは当初から想像はして いた。東電はなぜ2カ月もたってから公開したのかと非常に腹立たし い」と述べた。

東電はこれまで、原発はマグニチュード9の地震に耐え「想定外」 の津波が放射能漏れの遠因になったと説明していた。福島第一原発事故 は過去最悪だった1986年のチェルノブイリ原発事故並みの「レベル 7」に位置付けられている。

地震直後に放射能漏れが起きていたとすれば、「地震大国」日本に ある他の原発も安全対策の根本的な見直しが迫られる。伊藤氏は「地 震の対策も再度見直す必要がある。福島のような事態を想定して対策 をするとなると膨大な建設費がかかる。こういった事態が起きてしま った以上、それが起きないとは言えず難しい選択だ」との見方を示し た。

東電は今週、大震災直後の福島第一原発の状況を数値で示す数千ペ ージに上る文書を公表した。

放射能漏れ

東電の松本純一原子力・立地本部長代理は12日夜の記者会見で、 1号機の燃料棒露出について、「燃料棒が形状をとどめず、下に落ちて いることをメルトダウンと定義するならば、その通りだ」と炉心溶融が 起きていたことを認めた。

東電は5日に1号機、18日朝に2号機、同日夕に3号機原子炉建屋 に作業員が入り、放射線量などを調査した。いずれも湿気や放射線量が 高く短時間での作業にとどまった。

福島第一原発の放射能漏れで、周辺住民5万世帯が避難を余議なく されたほか、放射能汚染水1万1500トンを海に放出させたことで漁民や 周辺諸国から大きな反発を買っている。

福島第一原発ではタービン建屋地下、立て坑、坑道などに8万7500 トンの放射能汚染水がたまっているとみられ、注水を続けながらの冷却 も手詰まり状態になっている。

東電の株価は大震災後、83%下落した。19日の株価終値は前日比 31円(8%)安の358円。3月11日の震災当日の終値は2121円だっ た。

取材協力:中山理夫--Editor: Takeshi Awaji, Hideki Asai

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 岡田雄至 Yuji Okada +813-3201-2493 yokada6@bloomberg.net

稲島剛史 Tsuyoshi Inajima +813-3201-2059 tinajima@bloomberg.net

小笹俊一 Shunichi Ozasa +813-3201-3624 sozasa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Chian-Wei Teo +813-3201-3623 cwteo@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE