コンテンツにスキップする

「リプロファイリング」はギリシャに一段の時間を与える-OECD

経済協力開発機構(OECD) のグリア事務総長は、リプロファイリング(期限延長)として知られ るギリシャ債の償還延期措置が講じられれば、ギリシャに自国の問題 に取り組むためのさらなる時間を与えるとの見解を示した。

グリア事務総長は18日、ブリュッセルでのインタビューで、 「ギリシャ債のリプロファイリングは、実施しなくてはならない構造 改革を進めるためのさらなる時間を同国に与える」と発言。「ギリシ ャにはこうした措置を実行する十分な時間がなかった。リプロファイ リングは皆に対してさらなる時間や一息つく機会を提供する。リプロ ファイリングは償還期限の変更だ。それが全てだ。市場は現段階でこ れ以上受け入れる用意はできていない」と述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関する記者への問い合わせ先: Brian Parkin in Berlin at +49-30-70010-6229 or bparkin@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alan Crawford at +49-30-70010-6237 or acrawford6@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE