コンテンツにスキップする

機関投資家が米オフィスビルの最大の買い手に-REIT追い抜く

機関投資家が今年1-3月期、市 場で取引されている不動産投資信託(REIT)を追い抜き、米国に あるオフィスビルの最大の買い手となった。需要が広がりつつあるこ とを示す兆候で、不動産価格は今後押し上げられる可能性がある。

コスターグループのデータによると、年金基金や保険会社、政府 系ファンド(SWF)などの買い手は同期にオフィスビル保有を差し 引き13億9000万ドル(約1130億円)増やした。REITは11億ド ルの純増だった。昨年売り越しだった機関投資家は、オフィスビル投 資を拡大し始めているようだ。

コスターのシニア不動産ストラテジスト、クリストファー・マッ ケ氏は電話インタビューで、オフィスビル投資について「ポートフォ リオの中核であってほしいし、今後も買い増されるよう望む」と述べ た。同氏は「機関投資家が買い越しを続け、REITもそうすると想 定すれば、商業用不動産の価格形成にとって明るい方向に向かう前兆 となるはずだ」と指摘した。

コスターのデータは、投資適格級の商業用不動産価格が3月に前 年同月比2.2%上昇したことを示している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE