コンテンツにスキップする

「爆発」する中国のスイカ、成長促進剤で熟れ過ぎか-新華社

中国東部の畑で熟れ過ぎたスイカ が爆発する事象が見られ、成長促進剤の使用が原因となった可能性が あると、国営の新華社通信が伝えた。

新華社は17日、江蘇省・丹陽にある約47ヘクタールのスイカ畑 で果実が内側からはぜてしまい、収穫できなくなったと報じた。新華 社は南京農業大学のワン・リアンジュ教授を引用し、ホルクロルフェ ニュロンという化学物質が原因の可能性があると報じている。干ばつ の後の豪雨も影響した可能性があるという。

米スイカ協会のエグゼクティブディレクター、ボブ・モリシー氏 は、「こんな現象は見たことがない」として、「雨が降っただけでスイ カが爆発することはない」と話している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE