コンテンツにスキップする

英財務相:中銀の政策判断を支持-キング総裁のインフレ対応は適切

オズボーン英財務相は、イングラ ンド銀行(英中央銀行)がインフレ加速にもかかわらず、政策金利を 過去最低水準で維持していることについて、キング総裁がより長期的 な見通しに立っていることは正しいと述べ、金融政策委員会(MPC) の判断を支持した。

オズボーン財務相は17日、欧州連合(EU)財務相理事会が開か れたブリュッセルからロンドンに戻る際にインタビューに応じ、「イン フレが目標を上回るのは気掛かりだが、総裁とMPCの決定は適切だ」 と語った。

17日に発表された4月の英消費者物価指数(CPI)は前年同月 比4.5%上昇。3月の上昇率は4%だった。この結果を受けて、キン グ総裁は、オズボーン財務相に公開書簡を送り、MPCがいまだに政 策金利を0.5%から引き上げていない理由の釈明を余儀なくされた。

オズボーン財務相は、2008年10月以来となる大幅な物価上昇に よって、英国の家計は「極めて厳しい時期」を迎えていると指摘。一 方、キング総裁はインフレ加速が一時的なものであり、来年までに物 価上昇圧力が和らぐ見通しだと主張している。

英中銀は、5日に開いたMPCの議事録をロンドン時間18日午前 9時半(日本時間午後5時半)に公表し、委員らの意見が4方向に割 れる状況が続いているかどうかが明らかになる。中銀は5日時点では、 4月のインフレデータを入手していなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE