コンテンツにスキップする

米デル:2-4月利益、市場予想上回る-企業のハイテク投資が寄与

米パソコン(PC)メーカー、デ ルの2-4月(第1四半期)決算は、利益がアナリスト予想を上回っ た。企業のハイテク分野への投資で利益が押し上げられた。同社の株 価は時間外取引で上昇した。

デルの17日の発表によると、純利益は9億4500万ドル(約770 億円、1株当たり49セント)と、前年同期の3億4100万ドル(同17 セント)から増加。一部項目を除いた1株利益は55セントとなり、ブ ルームバーグがまとめたアナリスト予想平均43セントを上回った。

デルは企業向けデータセンター事業に参入し、法人顧客に軸足を 据えることで、消費者向け分野の落ち込みの影響を緩和している。家 庭用パソコン販売の鈍化を受け、業界最大手の米ヒューレット・パッ カード(HP)はこの日、通期の売上高見通しを下方修正している。 デルは消費者向けの売り上げ減少を指摘する一方、利益率を拡大でき たと説明した。

スターン・アギー・アンド・リーチのアナリスト、ショー・ウー 氏は「強い逆風にもかかわらず、予想をはるかに上回る業績を上げた」 と語った。同氏によると、売上高に占める消費者向け事業の割合はH Pが約30%であるのに対し、デルは約20%だという。

決算発表を受け、デルの株価は時間外取引で一時、5.6%高の16.79 ドルに上昇。通常取引終値は15.90ドルだった。年初来騰落率はプラ ス17%。

デルは通期売上高が5-9%増になるとの見通しをあらためて示 した。これによると、売上高は少なくとも646億ドルになる。通期の 営業利益は12-18%増を予想。2月の決算発表時には、6-12%増を 見込んでいた。

2-4月の売上高は前年同期比1%弱の増加で150億ドルだった。 アナリスト予想平均は154億ドル。

ブライアン・グラッデン最高財務責任者(CFO)はインタビュ ーで、「消費者向け需要は予想より若干弱かったが、われわれは消費者 向け事業の収益性を劇的に改善した」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE