コンテンツにスキップする

東電が工程表改定:冠水から循環冷却へ、冷温停止時期は変更なし

東京電力は17日、福島第一原子力 発電所の事故収束に向けた工程表の見直しを発表した。原子炉を水で満 たし冷却する「冠水」から、循環注水冷却に転換することが盛り込まれ たほか、原子炉を安定的に停止させる「冷温状態」への移行はステップ 1(3カ月)終了後、3-6カ月程度をめどにするスケジュールは変更 しなかった。

「事故収束に向けた道筋」(工程表)で打ち出されていた冠水 (水棺)が見直されたのは、1号機でメルトダウン(炉心溶融)が明ら かになったほか、2、3号機でも同様の事態が起きている可能性が強ま ったためだ。圧力容器に穴が開いており注水を継続すると処理しなけれ ばならない水が多くなってしまう事態に追い込まれている。

東電の武藤栄副社長は17日夕の記者会見で、「メルトダウンで冷温 停止状態の予定が変わることはない」と述べた。メルトダウンに関連し ては「燃料ペレットの溶融は想定していた」と認めた。

1号機では、冠水の代わりに格納容器から抜いた水を熱交換機で冷 却して循環させる方法や、原子炉建屋の地下にたまった汚染水から放射 性物質を取り除いて原子炉に戻すなど汚染水を再利用する。

記者会見に同席した東電の松本純一原子力・立地本部長代理は原子 炉冷却について、1-3号機ともほぼ同じ方法で臨む方針を明らかに した。原子炉燃料プール熱交換機の設置もステップ1に前倒し実施す る。

松本氏は冠水そのものを止めるのではなく、循環注水冷却を行った 上で、格納容器の漏えい個所を密閉し格納容器を冠水するという過程 を説明した。今後について、「最悪のシナリオは、1-3号機の原子炉 への注水が途切れることだ」とし、注水の継続に全力を挙げる方針を 示した。

放射能汚染水の処理については、仏アレバ社の施設を使って1-4 号機の8万7500トンを日量1200トン処理し、6月中旬から12月いっぱ いで完了する予定。汚染水の処理量は総量で20万トン以上に達する見込 み。

5月末をめどに防波堤内の汚染された海水を吸い上げて浄化する装 置を設置する。

近畿大学原子力研究所の伊藤哲夫所長(原子力安全工学)は「冷温 状態を6-9カ月でやるのは難しく、日程を変えないでできるか疑問 だ」と述べた。

伊藤氏は「中の状態が分からないで工程表を作るのは科学者ならあ り得ないことだ。1号機の中がわかって、工程表の見直しをすることに なった。中の様子がわかって初めてどれがやれるというのが分かる」と 批判した。

---Editor:Takeshi Awaji

稲島剛史  Tsuyoshi Inajima +81-3-3201-2059 tinajima@bloomberg.ne 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net yokubo1@bloomberg.net シンガポール Alexander Kwiatkowski +65-6212-1329 akwiatkowsk2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE