コンテンツにスキップする

中国株(終了):上海総合指数、反発-石炭と銀行株が上げ主導

中国株式市場では、上海総合指数 が反発。一時下げていたものの、電力不足の影響で需要が押し上げら れるとの観測で石炭株が買われたほか、対中直接投資の増加を受けて 中国経済に対する信頼感が高まったことから、上昇に転じた。

中国農業銀行(601288 CH)を中心に銀行株が高い。クレディ・ス イス・グループが、中国株の中で銀行株を選好しているとしたことが 手掛かり。中国最大の石炭会社、中国神華能源(601088 CH)は約1カ 月ぶりの大幅高。同4位のエン州煤業(600188 CH)は5.6%値上がり。 石炭価格上昇で利益が増加するとの見通しが好感された。

一方、石炭の値上がりで利益が抑えられるとの懸念を背景に、上 海電力(600021 CH)や大唐国際発電(601991 CH)などの電力株は下 落。全体の上昇を抑える要因となった。

上海証券のストラテジスト、塗軍氏は「早い取引時間での下落は 行き過ぎだった」と指摘。「旺盛な需要を抱える業界はアウトパフォー ムする」と予想するとともに、「全般に景気は堅調で、今後も引き続き 企業利益の伸びを支えるだろう」との見方を示した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は、前日比3.71ポイント(0.1%)高の2852.77 で終了。一時は1%安となっていた。上海、深圳両証取のA株に連動 しているCSI300指数は同0.5%高の3116.03。

-- Irene Shen. Editor: Allen Wan

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor:Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Irene Shen in Shanghai at +86-21-6104-3049 or Ishen4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE