コンテンツにスキップする

大和証G:元シティのウィー氏採用-東南アジア株式資本市場責任者に

大和証券グループ本社は、東南ア ジアの株式資本市場責任者として、米シティグループに在籍していた ティモシー・ウィー氏を採用した。大和は、海外での収入拡大を目指 している。

ブルームバーグが入手した社内メモによると、ウィー氏はシティ グループの香港で株式チームのバイスプレジデントを務めていた。大 和では16日からシンガポールで勤務を始めたという。

過去1年の日本での新規株式公開(IPO)規模は、香港の10% にも満たず、大和や野村ホールディングスは海外での事業拡大を図っ ている。4月に就任した大和の日比野隆司社長兼最高経営責任者(C EO)は、5年以内にアジアの株式引き受け分野で上位5位に入りた いとの考えを示した。

ブルームバーグがまとめたデータによると、アジア太平洋地域に おける株式引き受けで、大和は今年これまでのところ9位。前年同期 は25位だった。今年これまでの案件数は10件で、いずれも日本企業。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE