コンテンツにスキップする

マカオのMGMチャイナ:香港IPOの規模、最大1200億円に

マカオの資産家スタンレー・ホー (何鴻燊)氏の娘パンジー・ホー(何超瓊)と米MGMリゾーツ・イン ターナショナルが折半出資する合弁会社MGMチャイナ・ホールディン グス(美高梅中国)は、最大117億香港ドル(約1200億円)規模の新 規株式公開(IPO)を目指している。

IPOのタームシートが示した。パンジー・ホー氏(48)は7億 6000万株を1株12.36-15.34香港ドルで売り出す。香港証券取引所 への9日の届け出によると、同氏はMGMチャイナの会長兼執行ディレ クターを務めている。

MGMチャイナの経営陣は17日、潜在的な投資家に対してIPO のマーケティングを開始する。事情に詳しい関係者2人が16日明らか にした。マカオの昨年のギャンブル事業収入は58%増の1883億パタ カ(約1兆9000億円)と、ラスベガス・ストリップ地区の約4倍だっ た。

タームシートによると、IPOの調整役はバンク・オブ・アメリ カ(BOA)、JPモルガン・チェース、モルガン・スタンレー。19 日にはIPOに関する記者会見が予定されている。

パンジー・ホー氏は、MGMチャイナの株式20%を一般投資家に、 1%をMGMリゾーツにそれぞれ売却する。これにより同氏の持ち株率 は29%となる。MGMリゾーツの出資率は51%となり、経営権を握る ことになる。同社が4月13日の発表文で明らかにした。

-- Editors: Jeff St.Onge, Tan Hwee Ann

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Fox Hu in Hong Kong at +852-2977-6631 or fhu7@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Philip Lagerkranser at +852-2977-6626 or lagerkranser@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE