コンテンツにスキップする

アルムニア欧州委員:金融市場の競争阻害回避に努力-多くの注意必要

欧州連合(EU)の行政執行機関、 欧州委員会はクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)取引をめ ぐる競争法違反の疑いで、投資銀行16行の調査を進めている。欧州委 のアルムニア副委員長(競争政策担当)は、欧州の景気回復を支援す るためには、金融市場が「多くの注意」をなお必要とすると指摘した。

アルムニア氏は16日、ブルームバーグのロンドンオフィスでのイ ンタビューで、欧州委は「金融市場が新規参入を阻害することによっ て、競争拡大と効率向上の可能性を抹殺してしまう事態を回避しよう と努力している」と説明した。

2004-10年に経済・通貨担当の欧州委員だったアルムニア氏は 「欧州経済はもっとダイナミックかつ効率的で、支払い能力が高く安 定した金融システムを必要とするだろう。われわれは効率の観点から 市場の機能改善を図る必要がある」と語った。

EUは米ゴールドマン・サックス・グループやJPモルガン・チ ェースなど投資銀行16行が結託し、CDS市場に関する情報を独占し ようとしていなかったどうかについて調査に着手した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE