コンテンツにスキップする

ソロス氏:金連動型ETP、1-3月に大半を売却-鉱山株を購入

資産家で投資家のジョージ・ソロ ス氏は、1-3月(第1四半期)に金に裏付けされた上場取引型金融商 品(ETP)、「SPDRゴールド・トラスト」と「iシェアーズ・ゴ ールド・トラスト」の持ち分の大半を売却する一方、鉱山会社のカナダ のゴールドコープと米フリーポート・マクモラン・カッパー・アンド・ ゴールドの株式を購入した。米政府への届け出で明らかになった。

米証券取引委員会(SEC)への16日の届け出によると、ソロ ス・ファンド・マネジメントの3月31日時点のSPDRゴールド・ト ラストの持ち分は4万9400口。2010年10-12月(第4四半期)末 時点では472万1000口だった。iシェアーズ・ゴールド・トラストに ついては保有していた500万口全てを売却した。一方、フリーポート・ マクモランの株式を30万1300株、ゴールドコープを7600株購入し た。

金相場の10年間にわたる上昇は、株式や債券を上回るリターン (投資収益率)や通貨の代替投資先を求める投資家を引き付け、金に裏 付けされたETPの金保有量は昨年12月に過去最高水準に達した。イ ンフレ加速や欧州の債務危機、ドル相場の軟化、リビアの内戦により金 現物相場は2日、過去最高値の1オンス当たり1577.57ドルに達した。 ETPを通じた金保有量はピーク時を3.6%下回っている。

ソロス・ファンドの広報担当者、マイケル・バション氏は売却に関 するコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE