コンテンツにスキップする

TOPIX4日続落、米欧懸念で輸出一角、電力安い-MSCI影響

東京株式相場は、TOPIXが小 幅に4日続落。米国経済指標の低調やギリシャの債務問題に対する懸 念で、トヨタ自動車やブリヂストンなど輸出関連株の一角が安い。原 子力発電所事故処理への不安で電力株が下げ止まらず、銀行株も軟調。 また東証1部下落率上位には、世界的株価指数のMSCIから除外さ れる七十七銀行などが並んだ。

TOPIXの終値は前日比0.70ポイント(0.1%)安の828.85。 日経平均株価は同8円72銭(0.1%)高の9567円2銭と4営業日ぶり に小反発した。

ちばぎんアセットマネジメントの桶矢雅嗣運用部長は、「欧米経済 の先行き不透明感が強まり、リスク回避姿勢になりがち」と指摘。た だ、PBR(株価純資産倍率)1倍割れ銘柄も増えて売りも出しにく く、「日本株全体に対する投資金額を一定にしたままでの銘柄入れ替え の色彩が濃かった」と話していた。

ニューヨーク連銀が16日に発表した5月の同地区製造業景況指 数は11.9と、原材料価格の高騰が足かせとなり、前月の21.7から大 きく低下した。エコノミスト予想の中央値は19.6。同指数では、ゼロ が景況の拡大と縮小の境目を示す。生産者による景況感の予想比下振 れを受け、16日の米株式相場はダウ工業株30種平均が0.4%安と続落。

一方、欧州では16日、ユーロ圏財務相会合が開催され、ユンケル 議長(ルクセンブルク首相兼国庫相)は、ギリシャ国債の債務減免を 伴わないリプロファイル(返済延長)の可能性を排除しないと発言。 リプロファイルを含め、さらなる措置が議論される前にギリシャは 2011年の財政目標を達成し、民営化計画実行の必要があると指摘した。

東電400円割れ

米経済、欧州の債務問題と景気の先行き不透明感を背景に、日本 株市場では朝方から売りが先行。東証1部業種別33指数ではゴム製品 や海運、輸送用機器など世界景気に敏感な業種の一角が下げ、個別で はトヨタやブリヂストのほか、ファナック、京セラ、ホンダ、パナソ ニックなどが安かった。

福島第1原発事故の深刻化とそれに伴う補償負担増加への懸念、 米系格付け会社ムーディーズの格下げなどが嫌気され、東電が約3週 間ぶりに400円を割り込むなど急落。ちばぎんアセットの桶矢氏によ ると、「企業価値を計れない状態にあり、機関投資家が保有株を手放す 流れが続いている」という。ほかの電力株も売られ、電気・ガス株は 33業種の下落率トップ。東電向けの債権放棄を迫られるとの警戒感を 背景にみずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグル ープなど銀行株も終日軟調だった。

さらに、世界的な株価指数のMSCIスタンダードインデックス の四半期ごとの定期銘柄見直しが16日に発表され、指数からの除外が 決まった七十七銀のほか、阪急阪神ホールディングス、サッポロホー ルディングス、札幌北洋ホールディングス、池田泉州ホールディング ス、東京建物、日産化学工業、DOWAホールディングスなども安い。

9500円目前から出直る

もっとも、午前の取引で9500円の節目を目前に下げ渋った日経平 均は午後に持ち直し、結局プラス圏で終えた。東洋証券の大塚竜太情 報部長は、為替がやや円安方向に動き始めたことをきっかけに、「株価 指数先物へ大口の買いが入った」としていた。

また、大和証券投資情報部の西村由美次長は、「全体的にPBRで 見た割安感が高まっている」と指摘。日本銀行による上場投資信託(E TF)買い入れの思惑が出やすいこともあり、「直近の下げがきつかっ た業種、銘柄をいったん買い戻す動きが出ていた」と言う。東証1部 のPBRは0.98倍と、会社解散価値の1倍を割り込む。

TOPIXが直近高値を付けた5月2日から前日までの業種別 33 指数の騰落状況をみると、鉱業が12%安、証券・商品先物7.3%安、 保険6.2%安、不動産4.8%安などと、きょう上げた業種の多くがTO PIX(4.2%安)のパフォーマンスを下回っていた。不動産株につい ては、JPモルガン証券が三井不動産と住友不動産の投資判断を「オ ーバーウエート」に引き上げたこともプラスに働いた。

東証1部の売買高は概算で18億8282万株、売買代金は同1兆 2742億円。値下がり銘柄数は910、値上がり613。業種別33指数は15 業種が下げ、18業種が上昇。国内新興市場は、ジャスダック指数が前 日比0.6%安の50.84、東証マザーズ指数は同0.1%安の451.15と、 ともに小幅に4日続落。

-- Editor:Shintaro Inkyo、Makiko Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 河野敏 Satoshi Kawano +81-3-3201-2483 skawano1@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 香港 Nick Gentle +852-2977-6545 ngentle2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE