コンテンツにスキップする

5月16日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、 商品相場は次の通り。

◎NY外為:ユーロが対ドル上昇、7週ぶり安値から反転

ニューヨーク外国為替市場ではユーロがドルに対して上昇。一時 はほぼ7週間ぶりの安値に下落していた。ユーロ圏財務相会合ではこ の日、域内のソブリン債危機の問題が協議された。

スイス・フランはすべての主要16通貨に対して上昇。ユーロの 代替通貨として買いが入った。ユーロ圏財務相会合は、ギリシャに対 して新たな支援パッケージ獲得に向け一段の歳出削減を進めるよう圧 力を強めた一方、ポルトガルへの救済策を承認した。ドルは主要通貨 に対して下落。ニューヨーク連銀製造業景況指数の落ち込みが手掛か り。

インタラクティブ・ブローカーズ・グループのシニア市場アナリ スト、アンドルー・ウィルキンソン氏は、「この日はユーロ圏でこれ といった緊張が見られないため、ショートカバー(買い戻し)でユー ロが上昇している」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時31分現在、ユーロはドルに対して前 営業日比0.4%高の1ユーロ=1.4176ドル(前営業日は1.4119 ドル)。一時は1.4048ドルと、3月29日以来の安値を付けた。 ユーロは円に対して0.4%高の1ユーロ=114円47銭(同114円 06銭)。ドルは円に対して0.1%未満下落の80円76銭(同80 円80銭)。

スイス・フランはユーロに対して0.6%高、ドルに対しては 1%値上がり。一時は対ドルで0.3%安の1ドル=89.51サンチー ムまで下げ、4月20日以来の安値を付けた。

ギリシャに関する決定がないのは「確実」

ドイツのショイブレ財務相は、ユーロ圏財務相が16日夜にギリ シャ向けの新たな救済策に関してどのような決定も下さないのは「確 実だ」と述べた。欧州および国際通貨基金(IMF)の当局者がギリ シャ経済に関する最新の審査を完了していないためという。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指 数によると、ユーロは過去1カ月間に0.7%下落。域内の高債務国 が債務返済に苦戦する可能性があるとの懸念を背景に、こうした諸国 の国債利回りは上昇した。円は同期間に4.4%高、ドルは1.1%値 上がり。

ユーロ圏のインフレが2008年以来の高水準に加速し、欧州中 央銀行(ECB)への利上げ圧力が強まったこともこの日のユーロ買 い材料。

ユーロ圏のインフレ

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)がこの日発表した4 月のユーロ圏消費者物価指数(改定値)は前年同月比2.8%上昇。 2008年10月以来の高水準となった。

バンク・オブ・ノバスコシアの為替戦略責任者、カミラ・サット ン氏は「今週の注目はインフレかもしれない」と指摘。「ユーロ圏の インフレはECBによる一段の利上げを助長する」と述べた。

欧州各国の財務相はギリシャに対し資産売却や一段の歳出削減を 進めるよう圧力を強めている。ギリシャは1100億ユーロの金融支 援に次ぐ新たな支援や融資返済期限の延長を目指している。IMFの ストロスカーン専務理事は強姦未遂容疑などでの逮捕により同財務相 会合を欠席した。

同財務相らは一方、ポルトガルへの780億ユーロの救済策を承 認した。ポルトガルは、公的支援を受けるユーロ圏の国としてギリシ ャ、アイルランドに続き3カ国目。今回の会合には、ネマト・シャフ ィク副専務理事がIMFの代表として出席した。

トラベレックス・グローバル・ビジネス・ペイメンツの市場アナ リスト、ジョー・マニンボ氏は、「IMFは当面、通常通りの運営を 続けるとの安心感を与えるコメントが出たため、ユーロへの圧力をあ る程度緩和した。その後に失望される内容の米経済指標が発表された」 と指摘。「この日はスイス・フランが相場を主導している」と述べた。

ニューヨーク連銀が発表した5月の同地区の製造業景況指数は

11.9と、1年ぶり高水準を付けた前月の21.7から低下した。ブ ルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は

19.6だった。同指数ではゼロが景況の拡大と縮小の境目を示す。

◎米国株:下落、欧州債務問題を注視-NY連銀指数低下も嫌気

米株式相場は下落。ギリシャが追加救済を模索したほか、ニュー ヨーク連銀管轄地区の製造業活動の拡大ペースが大幅に減速したのが 嫌気された。

住宅関連用品小売りのローズは下落。通期利益予想の引き下げが 売り材料だった。NYSEユーロネクストも下落。ナスダックOMX グループとインターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)がN YSE買収案を撤回すると発表した。航空会社のAMRとジェットブ ルー・エアウェイズは上昇。JPモルガン・チェースが、燃料コスト の低下見通しを背景に両社の株式投資判断を引き上げたのが好感され た。

S&P500種株価指数は前営業日比0.6%安の1329.47。ダ ウ工業株30種平均は47.38ドル(0.4%)安の12548.37。

LPLファイナンシャルのバート・ホワイト最高投資責任者(C IO)は、「製造業部門や企業利益がピークをつけ始めているようだ。 さらに欧州では債務危機がある。当局者は症状に対応しているだけで 病気を治療しているわけではない。株式と商品はずいぶんと値上がり していた。宴が盛り上がればその分、後の二日酔いは厳しい」と述べ た。

S&P500種株価指数は年初からは5.7%の値上がり。ブルー ムバーグのデータによると、4月11日以降に四半期決算を発表した S&P500種銘柄435社のうち、利益がアナリスト予想を上回った のは72%となっている。

不景気に強いディフェンシブ株

S&P500種は3月16日に年初来最安値を記録、それ以来

5.8%値を戻している。けん引役は不景気にも強いディフェンシブ銘 柄だ。ヘルスケア関連企業や生活必需品を販売する消費財企業、電話 会社や公益事業の株価が上昇している。一方、金融やエネルギー銘柄 のパフォーマンスは低調だ。

欧州の財務相会合は、ポルトガルへの780億ユーロの救済策を 承認した。当局者はまた、ギリシャに対しては追加支援と返済条件緩 和の条件として資産売却と歳出削減の強化を求めた。

スチュワート・キャピタル・アドバイザーズ(ペンシルベニア州 インディアナ)の調査ディレクター、マシュー・ディフィリッポ氏は、 「一時的な間に合わせに過ぎない」と述べ、「債務再編以外に問題を 解決する方策はない。投資家は感情的な人たちだ。ギリシャの延命策 で市場が強含んでも驚かない」と述べた。

ギリシャはデフォルトの最有力候補

米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO) で世界最大の債券ファンド運用するビル・グロース氏は、次にデフォ ルト(債務不履行)を起こす国としてはギリシャが一番可能性が高い と述べた。

ニューヨーク連銀が発表した5月の同地区の製造業景況指数は

11.9と、1年ぶり高水準を付けた前月の21.7から低下した。ブ ルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は

19.6だった。同指数ではゼロが景況の拡大と縮小の境目を示す。

ローズは3.6%安。景気の圧迫と悪天候で同社の売り上げが押 し下げられた。

AMRとジェットブルーはそれぞれ4.9%と5.6%の値上がり。 JPモルガンは両社の株式投資判断を「ニュートラル」から「オーバ ーウエート」に引き上げた。

◎米国債:TBレートが過去最低付近-連邦債務が上限に達する

米国債市場では、財務省短期証券(TB)のレートが過去最低付 近で推移した。政府当局は、借り入れが上限である14兆3000億 ドルに達しないよう短期債の発行を抑えていた。

10年債利回りは低下。ギリシャが追加支援を求める中で安全需 要が高まった。TBレートはこの日、過去最低付近にとどまった。ガ イトナー米財務長官は、債務上限到達の影響を回避するため年金基金 2本の会計処理を通じた特別措置を8月2日まで講じていると述べた。

ジェフリーズ・グループの政府債エコノミスト、トーマス・サイ モンズ氏は「行き場のない多くの投資資金が短期債に向かっており、 レートがゼロ近辺で抑えられている」と分析。「TBの供給量が減る につれ、非常に短期の債券で同様の動きが増えると予想される」と述 べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、10年債利回り は午後5時現在、前週末比2ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)低下し3.15%。同年債(表面利率3.125%、2021年5 月償還)価格は6/32上げて99 26/32。6カ月物TBのレートは

0.07%。過去最低は6日に付けた0.0305%。3カ月物TBのレー トは0.02%で、金利がマイナスとなった金融危機の時以来の低水準 付近。

ガイトナー長官は16日付の議員らにあてた書簡で、「債券発行 の一時停止期間」を宣言した。これにより、「公務員退職・障害基金」 と「政府証券基金」からの借り入れが可能になる。

オバマ大統領の見解

オバマ大統領はCBSテレビの番組「フェース・ザ・ネーション」 で、債務上限を引き上げなければ世界の金融システムを混乱させる恐 れがあるとの見解を示した。共和党議員らは、債務上限の引き上げ支 持と引き換えに数兆ドル規模の歳出削減と増税見送りを求めている。

下院予算委員会のポール・ライアン委員長(共和、ウィスコンシ ン州)は16日、シカゴで「大統領が債務上限を1ドル引き上げよう とするごとに、歳出を1ドルよりももっと削減する多くの方法をわれ われは示すことができる」と述べた。

ミラー・タバクのチーフ経済ストラテジスト、ダン・グリーンハ ウス氏は「今の市場のダイナミクスを考えれば、米国債が大きく売ら れるとは考え難い」と指摘。「きょうは債務が公式に上限に達し、こ れにより米国債の上昇がいったん停止している。形の上では8月まで は余裕があるが、注意を払うべき問題ではある」と続けた。

TBの供給

TBの供給は2月以降減少している。財務省は「補完的資金調達 プログラム(SFP)」の規模をこれまで1950億ドル縮小した。

米財務省のこの日の発表によれば、中国は3月に米国債の保有高 を0.8%(92億ドル)減らし1兆1400億ドルとした。TBの保有 高はそれまでよりも86億ドル減らし57億ドルとなった。日本の米 国債保有高は2%増えて9097億ドル。

米ニューヨーク連銀は、2015年1月-41年2月に償還を迎え るインフレ連動債(TIPS)14億ドル相当を購入した。

RWプレスプリッチのマネジングディレクター、ラリー・ミルス タイン氏は「投資家はここからどう動くべきか見極めようとしている」 と分析。「金利は現在よりも高い水準にあるべきだが、商品相場での 巻き戻しや欧州の周辺国をめぐる懸念が米国債の力強さの根底にある。 依然続く金融当局の国債買い入れが影響していることは言うまでもな い。今は素早い判断が必要になっている」と加えた。

◎NY金:続落、エネルギー安で商品需要減退-終値1490.60ドル

ニューヨーク金先物相場は続落。エネルギーコストの下落を受け、 貴金属など原材料需要が弱まった。

原油相場は最大2.4%下げた。景気鈍化で商品需要が弱まると の思惑から売りが出た。5月のニューヨーク連銀製造業景況指数は予 想を下回った。金は2日に1オンス=1577.40ドルと最高値を更新 した。

キングズビュー・ファイナンシャル(シカゴ)の市場ストラテジ スト、マット・ジーマン氏は、「金市場は原油市場を眺めながらの展 開となっている。原油が下げ続けるなら、金は上値を追うのが難しく なるだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 6月限は前営業日比3ドル(0.2%)安の1オンス=1490.60ドル で終了した。

◎NY原油:反落、製油所の冠水懸念が後退-終値97.37ドル

ニューヨーク原油先物相場は反落。米ミシシッピ川の放水路開放 を受けて、増水で製油所が冠水するとの懸念が弱まり、売りが出た。 ガソリン相場は2カ月ぶりの低水準に下落した。

ルイジアナ州はモーガンザ放水路の水門125門のうち9門を開 放。ミシシッピ川の水をアチャファラヤ川流域に誘導した。バトンル ージュやニューオーリンズの洪水を防ぐことが狙い。エネルギー省に よると、ルイジアナ州の製油所はテキサス州に次ぎ全米2位の製油能 力を有する。

ブルー・オーシャン・ブローカレッジ(ニューヨーク)のエネル ギー・デリバティブ調査部門ディレクター、カール・ラリー氏は、 「ミシシッピ川の洪水と製油所操業停止が懸念されていたが、放水路 開放で弱まった」と指摘。「ガソリン相場への影響が最も大きく、石 油相場の下げの中心となった」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物6月限は前日 比2.28ドル(2.29%)安の1バレル=97.37ドルで終了した。 終値としては6日以来の安値。

◎欧州株:3日続落,ギリシャ債務懸念強まる-決算失望でUBI安い

欧州株式相場は総じて下げ、ストックス欧州600指数は3日続 落となった。欧州当局者はブリュッセルでギリシャの救済策拡大につ いて協議している。

ギリシャ・ナショナル銀行が下げ、ギリシャ株式の指標であるア テネ総合指数は14年ぶり安値に落ち込んだ。イタリアの銀行、UB Iバンカ(ウニオネ・ディ・バンカ・イタリアーネ)は1.8%安。 1-3月期純利益が予想を下回ったことが嫌気された。スウェーデン の警備サービス企業、セキュリタスは4.1%下落。ニスカヤ・グル ープに買収案を提示したことがきっかけ。

一方、オーストラリアのBHPビリトンが鉱山株の上げを主導し た。ロンドン市場で銅相場が上昇したことが好感された。

ストックス欧州600指数は前週末比0.1%安の280.13で終 了。騰落比率は1対2だった。

ロンドンに拠点を置くアレグラ・アセット・マネジメントのノー バル・ロフタス最高投資責任者(CIO)はブルームバーグテレビジ ョンとのインタビューで、欧州の国債危機は「解決からは程遠い」と 述べ、「システムには多くのリスクが存在する。リスク回避の見通し を多少維持することが極めて大切な時期だ」と続けた。

16日の西欧市場では18カ国中12カ国で主要株価指数が下落。 ギリシャのアテネ総合指数は1.9%安と、1997年11月以来の安値 を付けた。ギリシャ・ナショナル銀は2.7%下げた。

◎欧州債:ギリシャ国債が下落,追加支援要請を警戒-ドイツ債も軟調

欧州債市場ではギリシャ国債が下落。同国が欧州諸国から受け入 れた1100億ユーロ規模の救済策の拡大要請に向けて準備している ことが背景にある。

ギリシャ10年債のドイツ10年債に対するスプレッド(上乗せ 利回り)は3営業日ぶりに拡大。4月のユーロ圏インフレ率(改定値) が2年半ぶり高水準に上昇したことを受け、ドイツ国債も下げた。ア イルランド2年債利回りはユーロ導入以後の過去最高を記録した。

クレディ・アグリコルCIBの債券ストラテジスト(ロンドン在 勤)、ピーター・チャットウェル氏は、ギリシャの支援要請が「近づ けば、リスク回避の動きが若干高まるだろう」と述べ、「国債相場は 小幅安となった。一連の協議が国債利回り拡大への圧力を強めている」 と続けた。

ロンドン時間午後4時35分現在、ギリシャ10年債利回りは前 週末比18ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の

15.62%。同国債(表面利率6.25%、2020年6月償還)価格は

0.55ポイント下げ56.01。一方、ギリシャ2年債利回りは7bp 低下の24.83%。一時は25.06%まで上昇した。

ドイツを中心とする欧州の支援供与国は、ギリシャへの追加融資 や公的融資の返済期限延長の条件として、一層の予算削減を求めてい る。ユーロ圏17カ国の首脳は、債券保有者にもコストを負担させる かどうかも検討している。

ドイツ2年債利回りは前週末比4bp上昇の1.81%。ドイツ 10年債利回りも4bp上げ3.12%。一時は3.07%まで下げ、3 月16日以来の最低を付けた。

◎英国債:下落、10年債利回り3.38%に上昇-2年債利回り1%

英国債相場は下落。10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)上昇の3.38%、2年債利回り1bp上げ1%と なった。

ブルームバーグが実施した調査では、17日発表の統計で4月の インフレ率が上昇したと見込まれている。

三菱東京UFJ銀の為替ストラテジスト、リー・ハードマン氏 (ロンドン在勤)は、「今週発表の経済データは、英国でインフレ率 が高止まりし、経済活動が極めて脆弱(ぜいじゃく)なことを示すだ ろう。この結果、イングランド銀行(英中央銀行)は極めて困難な立 場にある」と述べ、「当行は年末に向けて1回の利上げを見込んでい る」と続けた。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE