コンテンツにスキップする

ウォール街は人員削減も、今四半期も収入低迷なら-野村のショアー氏

野村ホールディングスのアナ リスト、グレン・ショアー氏は、ウォール街の金融機関は4-6月 (第2四半期)末まで収入低迷が続けば人員を減らす公算だと指摘 した。

同氏は16日、ブルームバーグラジオとのインタビューで、「数パー セントの純減を考えている」と語った。

「大半の金融機関は新規採用の余地を作るため毎年、業績が下 位の従業員5-10%を解雇する」とし、「通常はこのレンジの上の 方にはならないが、収入環境が現在のように厳しく、しかもその状 態が長引く場合、人員数を差し引きで減らすプロセスの一環になる」 と解説した。

ブルームバーグのデータによれば、米銀大手6行の1-3月 (第1四半期)純収入は前年同期比13.3%減だった。ショアー氏 は、第2四半期もトレーディングと銀行事業が予想よりも低調な滑 り出しだったと指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE