コンテンツにスキップする

ブリヂスト株が2年半ぶり高値、営業利益予想を2割増額-価格改善

ブリヂストン株が反発。費用の抑 制や海外市場でのタイヤの価格改善などにより、今期の営業利益が従来 予想比で約2割増加する見込みと13日に発表。好調な事業環境を評価 する買いが先行した。

株価は一時、前週末比2.6%高の1873円と、2008年10月30日以 来約2年半ぶりの高値をつけた。

発表によると、今期(2011年12月期)の連結営業利益は前回予想 1400億円に19%上乗せし、1670億円となる見通し。ブルームバーグが 集計した発表前のアナリスト予想平均1610億円を上回った。同社広報 部の川副祐樹氏によると、全社的なコスト削減に加え、4月に米国市場 で新車装着用のタイヤなどを最大8%値上げするなど、海外市場での価 格改善が寄与している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE