ゴールドマン株が大幅安-刑事訴訟懸念でアナリストが売りと判断

12日の米株式市場で、ゴールド マン・サックス・グループの株価が約8カ月ぶりの安値で取引を終 えた。ゴールドマンを相手取った訴訟を起こすよう米司法省への圧 力が高まっているとの懸念を理由に、アナリストが同社株の投資判 断を売りとしたことが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。