コンテンツにスキップする

東電社長:資金面含め国の支援得ながら公正・迅速に対応-事故補償

東京電力の清水正孝社長は29日午後 の衆院予算委員会で、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故 をめぐり、補償対応について、「これから大変広範囲にわたる多くの被 害者に対する補償を実施していくことになると思う。資金面も含めて、 国の支援をいただきながら、公正、迅速に対応していきたい」と述べ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE