コンテンツにスキップする

ブラックベリーのRIMが今四半期見通し下方修正-時間外で株価急落

【記者:Hugo Miller and Greg Bensinger】

4月29日(ブルームバーグ):スマートフォン(多機能携帯端末) 「ブラックベリー」を製造するカナダのリサーチ・イン・モーション (RIM)の株価は28日の時間外取引で急落した。同社が3-5月(第 1四半期)の業績見通しを下方修正したことを受けてアナリストらは、 経営陣への信頼性が損なわれ、同社を取り巻く圧力が高まっていると の見方を示した。

同社は28日、3-5月期の1株当たり利益見通しを1.30-1.37 ドルとし、従来の1.47-1.55ドルから引き下げた。1カ月前に示した 従来見通しは同時点で既に、アナリスト予想を下回っていた。

RBCキャピタル・マーケッツのアナリスト、マイク・アブラム スキー氏(トロント在勤)は調査リポートで、「今回の下方修正は既に 低下している同社への信頼をさらに損なうことなった」と指摘した。

RIMはスマートフォン市場で、米国のアップルやグーグルとの 競争で苦戦を強いられている。BMOハリス・プライベート・バンキ ングのポール・テーラー最高投資責任者(CIO)は、RIMはブラ ックベリーの品揃えを強化し、アップルの「iPhone(アイフォ ーン)」や、グーグルの基本ソフト(OS)アンドロイド搭載スマート フォンに対抗できることを示さなければならないと指摘した。RIM は5月2日に展示会ブラックベリー・ワールド・コンファレンスを開 催する。

RIMの株価は28日の時間外取引で6.17ドル(11%)安の50.43 ドルまで売り込まれた。通常取引終値は56.59ドルで、年初来下落率 は2.7%だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE