コンテンツにスキップする

NY外為(28日):ドル指数、08年7月来の最低-米景気減速で

ニューヨーク外国為替市場では、 主要6通貨に対するドル指数が2年9カ月ぶりの低水準に落ち込んだ。 第1四半期(1-3月)の米経済成長率が市場予想を下回ったことを 手掛かりに、米連邦公開市場委員会(FOMC)が金利を低水準に維 持するとの観測が広がった。

円はすべての主要通貨に対して上昇。先週の日本の対外・対内証 券売買契約統計によると、国内投資家の対外証券投資は売り越しとな った。ブラジル・レアルはドルに対する下落率が最も大きかった。同 国の中央銀行は利上げについて、当初計画よりも緩やかなペースで長 期間実施すると明らかにした。

バンク・オブ・モントリオールの為替トレーダー責任者、フィラ ス・アスカリ氏(トロント在勤)は、「ドルはかなり重圧を受けてい るようだ。市場参加者はドル売りの理由を探している」と指摘。「米 経済が向かい風に直面しているようだが、こうした向かい風は一時的 なものになるだろう。最善のシナリオは米経済がほどほどの状態であ ることだ」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、インターコンチネンタル取引所 (ICE)のドル指数は0.6%下げて73.116(前日は73.519)。 一時は72.871と2008年7月以来の低水準となった。

ドルはユーロに対して前日比0.2%安の1ユーロ=1.4823ド ル(前日は1.4788ドル)。一時は1.4882ドルと09年12月以 来の安値を付けた。ドルは円に対して0.8%安の81円54銭(同 82円16銭)。円はユーロに対して5営業日ぶりに上昇し、0.5% 高の1ユーロ=120円83銭。

円が高い

ブラジル・レアルはドルに対して一時1.9%安。同国の政策当 局者は、最近の利上げや信用抑制措置を考慮すれば、インフレ抑止に 向けた取り組みの「かなりの」部分はすでに実施されたとの認識を示 した。ブラジル中銀は20日の金融政策委員会で、政策金利を12% とすることを決めた。

円が上昇した背景には、先週の国内投資家の対外証券投資が 1628億円の売り越しとなったことがある。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの為替ストラテジスト、マー ク・マコーミック氏は、「この日の円が堅調な理由は日本企業による レパトリエーション(本国への資金還流)が活発になるとの見方が強 まっているためだ。それは円の需要を押し上げる」と指摘。「長期的 にみると、日本銀行は緩和政策を継続するだろう。それにより円は1 ドル=81-83円のレンジで軟調な動きが続くだろう」と述べた。

米GDP

ドルはユーロと円に対して下落。米商務省がこの日発表した第1 四半期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み、年率)速報値は前 期比1.8%増だった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノ ミストの予想中央値は2%増。昨年第4四半期は3.1%増だった。

ドル指数は09年3月以来の最長となる8営業日連続の低下。米 連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は前日、FOMC後 の初の記者会見で、6000億ドル規模の国債購入プログラムが6月に 終了した後も、保有証券の償還金の再投資については6月以降も継続 する方針を明らかにした。

ドル指数の相対力指数(RSI、7日ベース)は23.51と、昨 年10月14日以来の最低になった。同指数が30を下回ると、相場 が上昇に転じることを示唆する。

先進10カ国の通貨で構成するブルームバーグ相関加重通貨指数 によれば、ドルは過去1カ月間に4.6%下落。年初からは7%安と なっている。円は過去1カ月に3.4%、年初来では7.5%それぞれ 下落。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE