コンテンツにスキップする

欧州株:6日続伸、予想上回る利益を好感-ドイツ銀とスエズに買い

欧州株式相場は6営業日続伸。 ストックス欧州600指数は8週間ぶり高値を付けた。ドイツ銀行の 1-3月(第1四半期)利益が予想を上回ったほか、米連邦公開市場 委員会(FOMC)が27日に低金利を「長期にわたり」維持する方 針を示したことが背景にある。

ドイツ銀はほぼ1年ぶりの大幅高。同行の1-3月利益は前年同 期比17%増加した。水処理と廃棄物処理を手掛ける仏スエズ・エン バイロメントは4%上げた。同社も予想以上の利益となった。

一方、ドイツの経営管理ソフトメーカー、SAPは1年半で最大 の値下がり。1-3月期純利益が増加したもの、アナリスト予想を下 回ったことが売りを誘った。

ストックス欧州600指数は前日比0.3%高の283.04と、3 月3日以来の高値で引けた。先月16日に付けた年初来安値から8% 戻している。

センパー・コンスタンティア・プリバトバンク(ウィーン)のフ ァンドマネジャー、フィリップ・ムシル氏は「株式相場は力強い決算 に支えられているほか、低金利も支援要因となっている」と述べ、 「われわれを取り巻くそのほかすべての悪い要因は材料視されていな い。株式以外に投資先はない」と続けた。

ブルームバーグがまとめたデータによると、ストックス欧州600 指数の構成銘柄で11日以降に決算を発表した97社のうち60社の 1株当たり利益がアナリスト予想を上回っている。

28日の西欧市場では、18カ国中15カ国で主要株価指数が上昇。 ドイツ銀は4.8%上げた一方、SAPは5.7%安となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE