コンテンツにスキップする

首相:東電は引き続き民間事業者として電力供給義務を-参院本会議

菅直人首相は28日夜、参院本会議 で、東京電力福島第一原子力発電所事故を受けた東電の今後の経営形態 について「賠償責任を果たしながら、引き続き民間事業者として電力供 給義務を果たす必要があると考えている。政府としても被害者の方々が 適切な補償を受けられるよう責任を持って万全を期したい」と語った。 小熊慎司氏(みんな)への答弁。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE