コンテンツにスキップする

東電:福島第一原発1号機の「水棺」へ向けた作業は順調

東京電力の松本純一・原子力立地本 部長代理は28日夕の共同記者会見で、福島第一原子力発電所1号機の 「水棺」に向けた作業は順調との見方を示した。「水棺」は原子炉格納 容器内部を水で満たして原子炉を継続的に冷却する手法。

松本氏は「現在、水の注入量を毎時10立方メートルに増やして様子 を見ているが、計器モニターに大きな異常が見られないので作業は順調 に進んでいる」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE