コンテンツにスキップする

韓国の現代自動車:1-3月は46%増益-高価格車種の販売好調

韓国最大の自動車メーカー、ヒ ュンダイモーターカンパニー(現代自動車)の1-3月(第1四半期) の純利益は前年同期比46%増加した。中国や米欧での販売増加が寄 与した。韓国市場で高価格帯モデルの販売が好調だったことも利益を 押し上げた。

同社の28日の届け出によれば、第1四半期の純利益は1兆 8800億ウォン(約1430億円)。前年同期は1兆2800億ウォン(修 正値)だった。売上高は連結ベースで前年同期比21%増の18兆 2300億ウォンだった。営業利益は同46%増の1兆8300億ウォン。

第1四半期の世界販売台数は92万2000台で前年同期比約9% 増加。現代自は2010年後半以降、韓国国内で高級セダン「グレンジ ャー」を、小型車「アクセント」を中国でそれぞれ投入した。トヨタ 自動車など競合する日本のメーカーが震災の影響で生産縮小に追い込 まれる中、現代自の販売増は今年も続く可能性がある。

現代自の株価は決算発表を受けて、前日比7.3%高の250500ウ ォンと、1975年1月の上場来高値で終了した。年初からの上昇率は 44%で、韓国総合株価指数の7.7%を大きく上回っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE