コンテンツにスキップする

米シティ、作家スタイン氏の講演取りやめ-女性蔑視発言と苦情

【記者:Bradley Keoun】

4月27日(ブルームバーグ):米銀シティグループは、作家兼俳優 で、テレビタレントでもあるベン・スタイン氏の講演予定をキャンセ ルした。ダラスで今年開催されたプライベートエクイティ(PE、未 公開株)関連の会議で、女性を蔑視する冗談を言ったと苦情が寄せら れたのが理由だ。

スタイン氏(66)は、シティが5月17日にニューヨークで主催す る年金や寄付基金向けの会議で講演する予定だった。プログラムによ ると、ヘッジファンド運用会社ポールソンのマネジャー、ジョン・ポ ールソン氏のほか、米行政管理予算局(OMB)局長を経て、シティ で投資銀行部門副会長を務めるピーター・オルザグ氏が講演する。

シティの広報担当ダニエル・ロメロアプシロス氏はインタビュー で、スタイン氏の冗談は不適切であり、「同氏が参加しない形で会議を 開催することを決めた」と述べた。

性差別で昨年訴えられたシティは、いかなる不適切な発言ともか かわりを避けたいと考え、26日に講演をキャンセルしたもようだ。事 情に詳しい関係者1人が語った。

3月2日のダラスのイベントに参加した女性から、スタイン氏の 発言が「不快で無責任だった」という内容の電子メールをオルザグ氏 が受け取り、講演の取りやめが決まった。この女性はインタビューで、 スタイン氏がシティの会議で講演する予定だと知り、オルザグ氏に再 考を求めるメールを送ったことを明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE