コンテンツにスキップする

台湾の鴻海精密工業:10年10-12月期は26%減益、賃上げが響く

米アップルの「iPhone(ア イフォーン)」や米ヒューレット・パッカード(HP)のコンピュータ ーなどを受託生産する台湾の鴻海精密工業は、2010年10-12月(第 4四半期)の利益が過去2年間で最大の落ち込みとなった。賃上げに よるコスト上昇が響いた。

同社が発表した10年12月通期利益に基づき、ブルームバーグが 算出したところによると、10-12月の純利益は前年同期比26%減の 214億台湾ドル(約610億円)となった。ブルームバーグがまとめた アナリスト9人の予想平均は200億台湾ドルだった。

10年12月通期利益は1.9%増の772億台湾ドル。連結ベースの 売上高は、10-12月が56%増の9470億台湾ドルと過去最高を記録。 通期は53%増の3兆台湾ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE