コンテンツにスキップする

ペトロチャイナ:1-3月の純利益が14%増-市場予想は下回る

時価総額でアジア最大の企業、ペ トロチャイナ(中国石油)の1-3月(第1四半期)決算は、前年同 期比14%増益となった。ただ、政府による燃料価格引き上げが原油コ ストの上昇に追い付かず、純利益は市場予想を下回った。

同社が27日、上海証券取引所に届け出た資料によると、純利益 は370億元(約4700億円、1株当たり0.2元)と、前年同期の325 億元(同0.18元)から増加。ブルームバーグがまとめたアナリスト 5人の予想中央値は384億元だった。

ニューヨーク原油先物相場は1-3月期に前年同期比で平均 20%上昇したにもかかわらず、インフレ抑制を目指す中国政府が今年 これまでに実施した燃料の値上げ幅は11%弱。ペトロチャイナの資料 によれば、原油高で同社の運営コストは46%増えたという。

国泰君安証券の石油アナリスト、劉谷氏は深圳からの電話で、「原 油価格は節目となるバレル当たり130ドルに向けて上昇しており、現 在の価格制度の下では政府がその水準で国内の燃料価格を凍結する可 能性がある」と指摘。「ペトロチャイナの製油事業は、燃料価格をめぐ る政府の慎重姿勢の犠牲となるだろう」との見方を示した。

--Wang Ying. Editors: Ryan Woo, Josh Fellman.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.n Editor:Keiko Kambara ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Ying Wang in Beijing at +86-10-6649-7562 or ywang30@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Amit Prakash at +65-6212-1167 or aprakash1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE