コンテンツにスキップする

香港株(終了):3日続落、利上げ警戒で不動産安い-中国石油も下落

香港株式相場は3日続落。高く始 まったものの下げに転じた。中国当局がインフレ抑制のため来週にも 利上げを実施するとの観測を受け、本土の不動産株が下落。利益が予 想を下回ったペトロチャイナ(中国石油、857 HK)も安い。

中国政府系の不動産開発会社、チャイナ・リソーシズランド(華 潤置地、1109 HK)は3%安。中国建設省傘下の中国海外発展(688 HK) は2.2%安。時価総額でアジア最大の企業、ペトロチャイナは3.1%安。

資産運用会社の恵理集団(806 HK)は6.3%安。中国平安保険(集 団)の子会社が恵理集団の持ち株売却を計画している。一方、HSB Cホールディングス(5 HK)は上昇した。

ハンセン指数は前日比87.21ポイント(0.4%)安の23805.63。 構成45銘柄は下落が27、上昇が15、変わらずが3銘柄。ハンセン中 国企業株(H株)指数は1%安の13319.96だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE