コンテンツにスキップする

【個別銘柄】コマツ、京セラ、ユニチャム、リコー、ソニー、合同鉄

きょうの日本株市場で、株価変動 材料が出た銘柄の終値は以下の通り。

コマツ(6301):前日比2.8%高の2840円。建設・鉱山機械の需 要が中国やアジア、中南米などで高水準で推移し、2011年3月期の連 結営業利益は前期比3.3倍の2229億円だった、と前日発表。12年3 月期は前期比37%増の3050億円を計画、良好な収益環境を評価する 買いが優勢だった。ドイツ証券や野村証券は判断「買い」を継続。

京セラ(6971):5.3%高の8890円。11年3月期の連結営業利益 は前期比2.4倍の1559億円だった、と前日発表。ファインセラミック や半導体部品、 電子デバイス関連など主力の部品事業を中心に情報通 信市場拡大の恩恵を受けたほか、原価低減努力で円高による目減り分 を吸収した。12年3月期は同7.7%増の1680億円を計画する。

日本電気硝子(5214):8.6%高の1223円。顧客の生産調整で主力 の薄型パネルディスプレイ(FPD)用ガラス販売は夏場に減少した ものの、第3四半期から回復した影響などで11年3月期の連結営業利 益は前期比19%増の1175億円だった、と前日発表した。

TDK(6762):3.2%高の4160円。携帯電話など通信機器、自動 車市場向けでコンデンサの販売が伸びたほか、スマートフォン向け需 要でインダクティブデバイス事業も拡大し、11年3月期の連結営業利 益は前期比2.4倍の638億円だった、と前日発表。従来計画の620億 円からも上振れ、良好な収益環境を評価する買いが先行した。

日立製作所(6501):4%高の438円。東日本大震災による生産設 備への損傷など被害が発生したが、生産ラインの復旧などに取り組み、 11年3月期の連結売上高は従来計画比0.1%多い前期比3.8%増の9 兆3100万円だったもよう、と前日発表。過度の業績悪化を懸念する動 きが和らいだ。

ユニ・チャーム(8113):1.4%高の3210円。午前11時に発表し た11年3月期の連結純利益は前期比37%増の336億円と、前の期に 続く過去最高益となった。アジアを中心とした新興国でベビーおむつ、 生理用ナプキンなどパーソナルケア事業が拡大、国内も高付加価値製 品などが伸びた。12年3月期は同4.3%増の350億円を見込む。

リコー(7752):5.9%安の890円。11年3月期の連結営業利益は 前期比8.8%減の602億円だった、と前日発表。震災の影響による輸 送インフラの寸断などで国内での製品販売・出荷が影響を受けたほか、 海外事業で円高も響いた。12年3月期は同48%増の290億円を見込む が、決算後に業績予測値を公表したアナリスト5人の平均367億円に は届いていない。

ソニー(6758):4.5%安の2260円と続落。ゲームサービスシステ ム「プレイステーション・ネットワーク(PSN)」と、動画・楽曲配 信サービスの利用者7500万人の個人情報にハッカーによる不正アク セスがあり、情報流出の可能性が表面化したことが引き続き懸念され た。米国では、プレイステーションのユーザー1人が27日、個人情報 とプライバシーが守られなかったとし、ソニーの米子会社を相手取り 連邦地裁に提訴した。

パナソニック(6752):2.4%高の998円。重複事業のスリム化の ため、12年度末までに連結ベースの従業員約38万人のうち、1割に 当たる4万人規模の人員を海外中心に削減すると28日付の日本経済 新聞朝刊が報じた。

アドバンテスト(6857):5.6%高の1597円。11年3月期の連結 営業損益は61億円の黒字と、前期の116億円の赤字から改善したと前 日発表。半導体市場の好転を受け、受注・売上高が増えた。

IHI(7013):2.5%高の204円。11年3月期の連結純利益が前 期比45%増の290億円と、従来計画の200億円を上回ったもようと前 日発表。工事採算の改善、諸経費削減などが寄与した。

富士電機(6504):4.9%安の252円。前日発表した11年3月期の 連結純利益は前期比2.2倍の151億円となったが、前回予想の260億 円からは42%下振れた。環境ソリューション分野の売り上げ減少や、 震災の影響などで営業利益が計画を26%下回る119億円にとどまった ことが影響。為替差損や震災関連の災害損失費用の計上も利益を圧迫 した。12年3月期予想は未定。

合同製鉄(5410):11%高の207円。主原料の鉄スクラップ価格が 想定を下回ったため、11年3月期の連結営業利益は従来予想の4億円 を大幅に上回る7億9100万円だった、と午後1時30分に発表。前期 は20億円の赤字。12年3月期は前期比5.8倍の46億円を計画する。

三菱鉛筆(7976):10%増の1440円。11年1-3月(第1四半期) の連結営業利益は、前年同期比23%増の22億円だった、と午後2時 30分に発表。据え置いた11年12月通期予想の54億円に対する進ち ょく率は40%。筆記具及び筆記具周辺商品事業で、震災前の国内売上 が比較的安定し、海外向けの輸出も堅調に推移した。

第一中央汽船(9132):9%高の157円。11年3月期の連結営業 利益が前期の45億円の赤字から49億円の黒字へ転換した、と午後2 時に発表。配船や運行の効率化努力が寄与した。

システナ(2317):7.3%高の8万8200円。モバイル高速データ通 信事業で受注が大幅に拡大し、11年3月期の連結営業利益は従来予想 の24億円を上回る26億円になったようだ、と前日発表した。

 東プレ(5975):7.3%高の665円。主要取引先の自動車業界で、 国内販売と生産が回復基調にあったことから、11年3月期の連結営業 利益は前期比19%増の55億円だった。

JXホールディングス(5020):1.1%高の562円。石油製品のマ ージンが改善する見込みで、11年3月期の連結営業利益は従来予想の 2400億円を38%上回る3300億円だったようだ、と前日発表した。

全日本空輸(9202):4.4%高の237円。11年3月期の連結純利益 が230億円と、従来計画の60億円を上回ったもよう、と前日発表。法 人税率引き下げによる繰延税金資産の取り崩しが実現しなかった。 期 末配当は、1株当たり1円から2円に増額した。

 石油資源開発(1662):2.3%高の3950円。1-3月期の原油、天 然ガス販売価格の上昇などを背景に、11年3月期の連結営業利益は従 来予想の94億円を上回る138億円になりそう、と前日発表した。

関西電力(9503):3.6%高の1702円。輸出を中心とした景気回復 で、総販売電力量が前期比6.7%増の1510億8000万キロワットと07 年度の最高記録を更新した影響などから、11年3月期の連結営業利益 は前期比20%増の2739億円だった。

日本航空電子(6807):9.7%高の589円。ITや自動車関連、産 業機器市場の回復で主力のコネクターが伸長し、11年3月期の連結営 業 利益は前期比2.2倍の63億円だったと前日発表。12年3月期は同 26%増の80億円を見込む。

エクセディ(7278):5.9%高の2575円。変速装置関連の受注が順 調に推移、震災後の国内落ち込みをコストダウンで補い、11年3月期 の連結純利益は前期比2.4倍の130億円だったと前日発表した。

昭和電工(4004):4.6%高の161円。1-3月(第1四半期)の 連結営業利益が前年同期比33%増の94億円だった、と前日発表。石 油化学でオレフィンの販売数量増加と原料価格上昇に伴う販売価格の 上昇などが収益増につながり、ハードディスクなどエレクトロニクス の低調を補った。

クボテック(7709):6.3%高の5万2800円。韓国・中国・台湾な どアジア向け画像処理外観検査装置が順調に推移し、11年3月期の連 結純利益は従来計画の3億円を上回る4億5000万円になったもよう、 と前日発表した。前期は5億円の赤字。

SBIホールディングス(8473):6.2%高の8680円。インドネシ アの大手証券、BNI証券の発行済株式の25%を取得すると前日発表。 同国で、MBNIグループと多方面で協業していくという。

デンヨー(6517):3.7%高の1109円。国内の設備投資や北・中米、 アジア市場の需要回復で出荷が計画値を上回ったほか、震災に伴う発 電機の緊急出荷もあり、11年3月期の連結営業利益は従来予想比36% 増の14億円だったもよう、と前日発表した。

コメリ(8218):8.1%高の2203円。11年3月期の連結営業利益 は前期比5.3%増の159億円だった、と前日発表。ホームセンター事 業でリフォーム関連資材を中心に売上高が堅調に推移、家庭用品では 震災後に災害対策商品の需要も増えた。12年3月期は同10%増の175 億円を見込む。

アイチコーポレーション(6345):5.9%安の385円。11年3月期 の連結純利益が前期比92%減の5100万円だったと前日発表。投資有 価証券評価損など特別損失の発生、繰延税金資産の取り崩しが響いた。

アマノ(6436):3.9%高の748円。原価低減や販売管理費削減が 貢献し、11年3月期の連結営業利益は従来予想の32億円を上回る44 億円だったようだ、と前日発表した。前期比では2.2倍。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE