コンテンツにスキップする

米アップル、iPhone利用者の位置情報追跡を否定-ソフト更新へ

多機能携帯電話「iPhone(ア イフォーン)」のデータ収集をめぐり消費者や議員から厳しく追及さ れている米アップルは、ユーザーの端末近くにある無線基地局に関す る情報を収集していることを認めながらも、顧客の位置は追跡してい ないとの見解を示した。

アップルは27日の発表資料で、「当社はユーザーが持つiPho neの位置を追跡してはいない」とし、「決して追跡したことはない し、今後も行う計画はない」と説明した。

同社によると、iPhoneは付近にある無線LANアクセスポ イントと携帯電話の中継塔に関する情報を保存しており、ユーザーが 必要な時にそのデータにアクセスできる。アクセスポイントや中継塔 のデータに基づいて同社がユーザーの位置を探すことはできず、同社 が得ている位置情報では名前が伏せられているという。

同社は今後、こうした情報を必要以上に保存させるソフトウエア の不具合を修正する方針も発表。iPhoneに保存されるデータ量 を減らし、ユーザーが位置情報サービスを停止すればアクセスポイン トや中継塔の情報を削除できるよう無償でソフトの更新を行う計画 だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE