コンテンツにスキップする

米企業の社債保証コスト、5週間ぶり低水準-FOMC声明に反応

27日のクレジット・デフォルト・ スワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストがここ5週間 余りで最低の水準となった。米連邦準備制度理事会(FRB)が26 -27日の連邦公開市場委員会(FOMC)終了後の声明で、景気が「緩 やかなペース」で回復しており、インフレ加速は一時的なものになる 可能性が高いとの認識を示したことに反応した。

マークイット・グループによれば、北米企業の信用リスクの指標 であるマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニュー ヨーク時間午後5時2分(日本時間28日午前6時2分)現在、0.7 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の92bp。これは 3月18日以来の低水準で、3月22日の96.8bpを下回っている。

FOMC声明によれば、FRBは6月末までに6000億ドル(約 49兆円)の米国債を購入する計画を予定通り終了させる。

ドイチェ・インシュアランス・アセット・マネジメントのマネジ ングディレクター、トム・ファリーナ氏(ニューヨーク在勤)は、投 資家にとって驚きではなかったと指摘。企業の信用リスクの市場は明 らかに「スプレッド縮小」の方向に進んでいると付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE