コンテンツにスキップする

FOMC:市場関係者のコメント-BNPパリバのコロナド氏

:米連邦準備制度理事会(FRB) は26-27日の連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に声明を発表し、 景気が「緩やかなペース」で回復しており、インフレ加速は一時的な ものになる可能性が高いとの認識を示した。6000億ドルの国債購入計 画については予定通り6月で終了させることで合意した。

これについての市場関係者のコメントは以下の通り。

◎BNPパリバの北米担当チーフエコノミスト、ジュリア・コロナド 氏:

「経済のスラック(たるみ)がかなり消える前に、当局がそろっ て認めるような潜在成長率を上回る経済成長が2、3年続く必要があ る。それまでの間、金融政策をある程度少しずつ正常化させることが できないということではないが、当局は急いではいない。米経済は過 熱には程遠い状況にある」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE