コンテンツにスキップする

FOMC:市場関係者のコメント-ウェルズ・ファーゴのシルビア氏

:米連邦準備制度理事会(FRB) は26-27日の連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に声明を発表し、 景気が「緩やかなペース」で回復しており、インフレ加速は一時的な ものになる可能性が高いとの認識を示した。6000億ドルの国債購入計 画については予定通り6月で終了させることで合意した。

これについての市場関係者のコメントは以下の通り。

◎ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズのチーフエコノミスト、ジ ョン・シルビア氏:

「量的緩和策第2弾(QE2)を完了し、しばらくはバランスシ ートを縮小させずに米経済の反応を見極めるため、待ちの姿勢を取る だろう」

「当局は景気回復が緩やかなペースで進んでいるとの見解を維持 している。私は経済見通しが過度に変化したとは思わない」

「当局は食品・エネルギー価格の上昇が一時的なもので、そうし た状況は解消していくとの見方を堅持している。インフレ率が上昇し、 食品・エネルギー価格が輸送サービスといった消費者物価指数の他の 項目をあおることになれば、難題になる」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE