コンテンツにスキップする

米ホワイトハウス:オバマ大統領の州出生証明書を公表-ハワイ州発行

米ホワイトハウスは27日、ハ ワイ州が発行したオバマ大統領の出生証明書の写しを配布した。ホワ イトハウスの報道官は、大統領の出生地をめぐって根強く続く政敵の 疑義は「つまらない見世物に過ぎない」と批判した。

オバマ大統領は、出生証明書の公表および自身の出生地をめぐる 論争についてホワイトハウスで声明を発表する予定。ホワイトハウス のコミュニケーション担当ディレクター、ダン・ファイファー氏は、 この論争で米国が直面する政策問題の幅広い議論に悪影響が生じてい るとの理由から大統領が証明書の公表を指示したと説明した。

ファイファー氏は「オバマ大統領は、この論争が政策議論の妨げ になりつつあったと考えている」とし、論争の継続を容認すれば「駆 け引きとしては巧妙かもしれない」とした一方、「国にとってはマイ ナスだ」と述べた。

米大統領になるには米国生まれであることが条件となっている。 オバマ大統領が米国生まれではない場合、大統領の資格がないとして 調査や証明を求める動きがある。2012年の大統領選挙に共和党候補 として出馬を検討している不動産王のドナルド・トランプ氏もこれと 同様の主張を展開している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE