コンテンツにスキップする

中国南方航空:1-3月は調整後ベースで増益-景気回復で需要増

中国の航空最大手、中国南方 航空の1-3月(第1四半期)決算は、調整後ベースの利益が前年同 期比で増加した。景気回復で旅行とビジネス需要が拡大した。

28日発表の国内会計基準に基づいた決算によれば、調整後の営 業利益は1株当たり0.12元と、前年同期から69%増加した。純利 益は13%減の12億4000万元(約160億円)となった。前年同期 にはメンテナンス会社の株式売却益が含まれる。

今年1-2月期の旅客数は前年同期比で7.8%急増した。南方航 空の譚万庚・最高経営責任者(CEO)は先月、エアバスから超大型 旅客機「A380」の1号機を8月に受け取る予定で、年末までには保 有機数が461機に拡大することを明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE