コンテンツにスキップする

米国のソブリン債危機は「起こり得る」-リブリン元FRB副議長

元米連邦準備制度理事会(FRB) 副議長のアリス・リブリン氏は米国のソブリン債危機について、「起こ り得るため、われわれは真剣に受け止めたほうがよい」との認識を明 らかにした。

米超党派政策センター(BPC)の債務削減作業部会で共同議長 を務めるリブリン氏が26日、ブルームバーグのラジオインタビューで 語った。その上で同氏は、米議会が債務削減プログラムで合意に達す ると「楽観視」しており、「年内にやり遂げる必要がある」と述べた。

-- With reporting by Ken Prewitt

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Tom Keene in New York at +1-212-617-6411 or tkeene@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bill Koenig at +1-248-827-2943 or wkoenig@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE