コンテンツにスキップする

富士ゼネ株が1カ月半ぶり高値、海外空調拡大し今期最高益を見込む

エアコンが主力の富士通ゼネラル 株が一時、前日比12%高の437円と3営業日ぶりに急反発。3月11 日以来の高値水準を回復した。26日公表の今期(2012年3月期)業績 計画で、海外空調事業の拡大などを通じ、純利益は過去最高益を更新 するとの見通しを示し、業況好調を評価する買いが優勢となった。

会社側が示した今期業績計画によると、連結純利益は前期比

3.1%増の50億円と3期連続の最高益を見込む。欧州や米州などで空 調機を拡販、海外売上高が同17%増の1244億円に増大すると予想し た。情報通信部門の売上高も、同13%高の249億円と好調を継続でき るとみている。

JPモルガン証券では決算を受けて27日、投資判断「オーバーウ エート」、目標株価710円を継続している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE