コンテンツにスキップする

3月米耐久財受注は2.3%増加か、経済全体の広範な回復を反映-調査

3月の米製造業耐久財受注は過去 3カ月で2度目の増加となったもようだ。機械と航空機の需要を反映 しているとエコノミストは指摘する。

ブルームバーグ・ニュースの調査によると、27日発表の3月の製 造業耐久財受注は、前月比2.3%増加(74社の予想中央値)が見込ま れる。変動の大きい輸送用機器を除く受注は同2%増加(46社の予想 中央値)のもよう。2月は全体が同0.6%減、輸送用機器を除いたベ ースが同0.3%減だった(ともに改定値)。また、資本財から軍事関 連を除く非国防資本財(コア資本財)の受注は同3.8%増(7社の予 想中央値)とみられている。

アメリプライズ・ファイナンシャル(デトロイト)のシニアエコ ノミスト、ラッセル・プライス氏は「米経済全体で需要が幅広く回復 しつつあり、その結果として製造業者の新規受注が力強く伸びている」 と語った。

米商務省は午前8時半(ワシントン時間)に耐久財受注の統計を 発表する。調査の予想レンジは前月比3.5%減から6.7%増。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE