コンテンツにスキップする

IAEA事務局長:原発は依然重要な選択肢、福島事故後も-フィガロ

国際原子力機関(IAEA)の 天野之弥事務局長は、福島第一原子力発電所の事故は原子力の終わり を意味しないとの見解を示した。フランス紙フィガロが報じた。

同紙によると天野事務局長は、一部の国が自国の原子力開発プロ グラムを変更してきていることは理解できるものの、そうした国の多 くにとって原子力発電は依然重要な選択肢だと指摘した。

事務局長は、日本の当局と共にIAEAの専門家も福島原発の危 機をめぐる状況を入念に検証し報告していくと述べ、原子力が世界的 に失った支持を取り戻すことは容易ではないが、透明性を強調しつつ 取り組んでいく必要があると付け加えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関するエディターへの問い合わせ先: John Simpson at +1-416-203-5726 or jsimpson12@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE